FC2ブログ

日韓花男コラボ『花の輪舞-ロンド-』 7


『美作様、お待ちしておりました。ようこそ』
言葉遣いは申し分なく丁寧だが、ブラックスーツのガタイの良い男たちが整列して最敬礼する中を進むのはさすがの俺でも内心ビビる…

一心(イルシム)本部ビルの来客用エレベーターに乗せられ降りた先は27階の副社長室。

“美作様がお見えになりました、坊ちゃま”
ノックしたドアの中から応えがあり、ドアを開けて中に通される。

『よく来てくれたね。まあ楽にして掛けてくれよ』
『お言葉に甘えてお邪魔させていただきました』

俺を案内した男を目線で示すと
『彼はイ室長と言って俺の秘書でもある。今後俺に連絡がつかないときは彼に言ってくれれば良い。
イ室長、彼は日本の美作商事の専務で美作あきら氏だ』
『イ・ガンチョルと申します。よろしくお願いいたします』

美作(うち)の奴らも結構穏やかでないご面相の奴らが多いが、ここはそれ以上だな。
圧迫感半端ねえ…

『…よろしくお願いします』
『坊ちゃん、私は失礼させていただいてお茶でもお持ちします』

『…おい…何度も言わせるなよイ室長…“坊ちゃん”はやめろ…』
ウビンさんの声は静かなのに有無を言わせぬ響きがあった。
見た目は人当たりの良い優男風なのに。

『し、失礼しました。坊…いえ、副社長』

イ室長は深く頭を下げて部屋を下がっていった。

『恥ずかしいところを見せてしまったな。俺が子供の頃からあいつらは俺についていたから、何時まで経っても俺を子ども扱いするんだ…』
『いえ、俺も母親からの同じように子ども扱いされてますから…』

そういえばお母上に双子の妹さんたちと女性の多いご家族だったかな?と笑うウビンさんだったが、嘲る様子も悪びれる風もなかった。きっと俺たちのことは調査済みなんだろう。

妹さんがいるから君は面倒見のいいお兄さん気質なんだろうね、と笑うウビンさんは、自分は一人っ子なのにあいつらの面倒ばかり見てまるで長男なんだと苦笑した。


『こんな家業だからな…陰でいろいろいう奴も多い。外野がいくら何を言おうと気にはならなかったが、親友たちにどう思われるかだけは気になっていた時期もあった…』
『…どう…だったんですか…?』
『昔…イジョンに言われた…“俺たちのどこが違うんだ。友達ってなんだ?弱みを見せちゃダメなんのか?俺たちの友情はその程度なのか?答えてみろ”ってね』
『……』
『ガツンと来たよ。それで俺が悩んでいたことなんてどっかにすっ飛んでいったんだ』

『良いご友人たちですね』
『君たちもそうだろう?』
『ああ…そうですね。他の誰がどうであれ、親友たちが困っていたら俺は力になりたいと思っています。あいつらの家では手を出せないことも、俺の家ならできることもありますから…』
『そうだ。俺たちのような家でも友人たちの役に立てることもあるってことだ。そう思えば、嫌だった家業も満更でないと思えるのさ』

そう言ってしばらく考えた後、彼はさらに付け加えた。
『もう一つ、ガツンと来たことがある…
クム・ジャンディ…あいつに出会って、金持ちでも貧乏でも、生きてきた環境が違っても、人間はみんな悩んで苦しんで…それでも笑って喜んで…そうやって生きていくのは同じなんだって教えられたんだ』

そしてウビンさんはこのあとク・ジュンピョさんの家に行くと言った。俺が今朝司から聞いた通り。





*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
♪類・総優♪
 
 
♪あきつく メイン♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 

検索フォーム

QRコード

QR