FC2ブログ

天国の記憶26


随分間が開いてしまいました。
遅くなって申し訳ありません。
まだまだ通常運行には程遠いままになると思いますが、とりあえず25話です。


☆☆☆


天国の記憶26


滋の評価がうなぎ上りで盛大な声援が送られていることなど知るはずもない類は、自ら運転する車を走らせていた。

「あの…どこに…行くんですか?」
遠慮がちに訊ねるつくしに視線を前にしたままで類が答える。
「俺のお気に入りの場所。牧野に見せたいから……それと敬語もやめて普通に喋ってよ」
「あ…は…うん」

言われる端から敬語を使いそうになって慌てて言い直すつくしに、生真面目さが見て取れてつい微笑ましくて漏れそうになる笑いを喉元で堪えるが、堪えきれずにくっと漏れてしまった。

気付いたつくしがわずかに口を尖らせ、何かおかしいですかと問えば、堪えきれず
「くくっ…ごめん。生真面目な牧野が可愛すぎて…」
ひとしきり笑ってまた敬語に戻ってると指摘される。
が、それよりも“可愛い”と言われたことに知らず顔が火照る。
あまりの気恥ずかしさに俯き加減に視線を車窓に向ければ、「ごめん…気を悪くしたかな…?」と問われて慌ててそんなことは無いと手も首も振る。
それがまた類のツボに入るものだから笑いはエンドレスで、ついには声まで出てしまう始末。
その笑い声があまりにも楽しそうで何時の間にかつくしまで一緒に笑っていた。

「あー、なんだか久しぶりに思いっきり笑った気分」
「そうなの?牧野はいつも楽しそうに笑ってるイメージがあるけど」
「あたしってそんなにバカみたいに笑ってるイメージ?」
「そういう意味じゃなくて…なんて言うのかな…?牧野は感情豊かでお日様みたいな笑顔?そんな感じ」
「そんな素敵なものじゃないと思うけど…でも、そういってもらえると嬉しい」
「お世辞とかじゃないよ…俺そういうの言えない性格(タチ)だから…」

やがて車は緑に囲まれた広大な敷地の建物へと近づいていく。
一体どこだろうとあたりを見回すつくしに類は自分の母校である英徳学園だと告げる。

車は警備員の常駐するゲートでチェックを受けさらに中へと進みやがて見えてきた広大な駐車場に停まった。
幸いなことに平日でないことから、敷地内の建物に最も近い場所に車は停められた。
先に降りた類に手を差し出され、おずおずとその手を取ると嬉しそうに上がった口角に唇が綺麗な曲線を描いてつくしの心拍数が上がる。
ドギマギする自分の心を鎮めようと慌てて類に訊ねた。

「“お気に入りの場所”って学校?」
「正確には違う。ついて来て…」

キャンパス内のそこかしこに植えられた木々の合間を縫って木漏れ日が射しこみ、さながらヨーロッパの林の中のような空間を通って、やがて少し古びた校舎にやってきた。
赤い煉瓦と対照的な白い漆喰の外階段が付いたその建物には蔦が絡まり、ここが日本であることを失念してしまうほどの風情があった。

「こっち…」
気付けば車を降りてからというものずっと繋いだままであった手を引かれるままに、その建物の外階段をゆっくりと上がっていた。

1回…2回…3回…踊り場を過ぎて辿り着いたのは3階の踊り場。
「…ここ…」
ぼそりと出た類の言葉につくしも理解する。
そこに立った瞬間、言われなくても判った。
何とも言えない居心地の良さ。
背の高い木々の間を通って射す光も吹き抜ける風も心地よい。

「お気に入りの意味が判った。あたしもここが好き…とっても気持ちがいいね…」

―やはり…つくしなら判ると思っていた…

「学生時代…いつもここでよく昼寝してた…」
「風邪…ひかなかった?」
「大丈夫…寝てる時が一番幸せだったから…」

俺の言葉の意味をどうとったのか、彼女は驚いたように俺に「そんなに寝るのが好きなの?」と聞く。
寝ることが趣味みたいなものだったと答えると彼女は本当に可笑しそうに笑った。
寝るのが好きな本当の理由は言わない…

俺は久しぶりに非常階段に腰を降ろし壁に背をもたせ掛けた。
その俺の傍に躊躇することなく座った彼女が、
「ほんとに気持ちいいね」
嬉しそうに言うから俺も嬉しくなる。

陽が高くなってきて心地よさを増した非常階段。
ことんと俺の肩に彼女の頭が乗った。
そっと窺えば、彼女は夢の中。

きっと今日のことを思って緊張してよく眠れなかったのだろう。
それでも嫌な顔一つせず、今日こうして来てくれたことが嬉しかった。
肩に感じる温もりが心地よくて気付けば俺も眠りに落ちていた。





******
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
♪類・総優♪
 
 
♪あきつく メイン♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』
 

検索フォーム

QRコード

QR