FC2ブログ

Live to tell 23


学園内に掲示された案内板に『合同修学旅行、ヨーロッパ5か国』の文字

空港の出発ロビーで落ち着かないジュンピョとジフ。
その2人に「落ち着けよ」と声を掛けるウビンとイジョン。

ジュンピョが落ち着かない原因は姿を現さないジャンディ。
一方のジフは今日帰国するはずのソヒョンが原因だった。

搭乗ゲートへ向かうF3とは別に到着ゲートへと足を向けるジフの目に飛び込んできたのは大きなソヒョンの広告ポスター。
ロビーを歩いていた学生たちが「わー、ミン・ソヒョンだ」「すごいな」「写真撮ろう」とポスターの前で大騒ぎしている。

到着ゲートまでやって来たジフの顏が笑顔になる。
その先にはソヒョン。
ソヒョンもジフに気付き笑顔になったその時、周囲の人々が騒ぎ始めた。
「きゃー、ミン・ソヒョンよ」「サイン下さい」
瞬く間に周囲を取り巻かれソヒョンの足が止まる。
その姿を寂しげに見つめるジフに気付き、表情を曇らせるソヒョン。
やがてファンの包囲から解放されたソヒョンがジフへと駆け寄り二人は抱擁を交わす。
「元気だった?」
ソヒョンの言葉にこれ以上は無い満面の笑みを浮かべ、ソヒョンのスーツケースをさっと手に取ると並んで歩きはじめた。

*

ソヒョンに会えれば俺は修学旅行なんて行く気は無かった。

ジュンピョがソワソワしていた原因はクム・ジャンディ。
何時まで経っても現れない彼女の事を調べさせたアイツは、彼女が修学旅行には参加せず、南の海辺の町でアルバイトをしていることを知った。
挙句にヨーロッパ5か国への旅行を急遽中止させ、彼女のいる海辺への大型客船でのクルージングとリゾートホテルへの滞在に変更してしまった。

国内旅行に変更したことでジュンピョはソヒョンも誘ってきた。
ソヒョンが行けば俺も行くと思ったんだろう。
「韓国は久しぶりだし、海も良いわね。ジフも行くんでしょ?」
「…ソヒョンが行くなら…」

大型客船での移動はさすがに遠慮して、俺はソヒョンとうちの車で目的地に向かった。

ソヒョンに会えた俺は嬉しくて珍しく色々な事をしゃべり、ソヒョンはそれを笑顔で聞いて時にはにもっと詳しく聞きたがった。
「そうなの…ジュンピョは相変わらずなのね…?」
ジュニ・ヌナの結婚以来のジュンピョの荒み様にはソヒョンも心を痛めていた。

「最初は俺の安眠妨害をして煩い奴だと思ってたんだけど…面白い奴なんだ。ジュンピョに宣戦布告して赤札にも負けないで、この間なんかジュンピョに飛び蹴りくらわしたんだ」
楽しげに話すジフの姿にソヒョンは安心する一方で少しばかりの寂しさも感じていた。

幼馴染みたちのこと以外に自分がどれほどジャンディのことを話していたか、この時ジフは気付いていなかった。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: