FC2ブログ

Live to tell 19


その日もジャンディとミンジはアイスを手にはしゃぎながら校内を歩いていた。
楽しそうにジャンディに向かって話しかけながら後ろ向きに歩いていたミンジは、足を踏み外し転んでしまった。
それだけなら良かったが、運悪く通りかかったF4のク・ジュンピョの靴の上にアイスが落ち靴を汚してしまったのだ。

磨き上げられた己の靴の上にベチャリとついてアイスに目をやり、次いでその原因の女子生徒を冷ややかに見降ろしたジュンピョは必死に謝るその女子生徒に不機嫌に言い放った。
「何…? 誤って済むなら法律も警察もいらねえな」
故意ではない、同じ靴を弁償すると必死に詫びるその女の子に、ジュンピョは静かに、だが高慢に告げた。
「俺より金持ちか?」
「えっ…?」
「それでも無理だ。フィレンツェの職人が作った1点物の靴だからな」
「すみません… 何でもします。だから…」
必死に許しを請うミンジの姿をハラハラしながら見守るジャンディ。
一方のF3は何も言わず事の成り行きを見守っている。
「…何でも…?」
ジュンピョがおもむろに汚れた靴先を前に出すと、
「舐めろ」
言われた事が信じられず、思わず「えっ?」と漏らすミンジにほくそえみながらジュンピョは再び告げた。
「舐めろよ… 何でもやるんだろ?」
俺はやれやれまたかと呆れ、見ていたくもないと視線を逸らした。
ウビンとイジョンも呆れた様に苦笑している。
均衡を破ったのは成り行きを見守っていたもう一人の女の子だった。
「もうそれくらいで止めなさいよ」
彼女はジュンピョとその女の子の間に割って入ると、ジュンピョに面と向かった。
「わざとじゃないんだし、ちゃんと謝ったでしょ?」
「何だ、こいつは?」
恐れ知らずな彼女にウビンがクスリと笑う。
「おい、2年生。帰国したばかりか? ここはアメリカじゃないぞ。敬語を使え」
ウビンがジュンピョに耳打ちする。
「ああ…おまえが有名なワンダーブラか…大評判だからナイスバディを期待してたが… 超貧弱だな」
「ハッ…それはどうも」
「出しゃばりのキャラか? 他人の事に口を出すな」
「“他人”じゃなくて“友達”だもの。金持ちの辞書に“友情”は無いみたいね?」

誰もが恐れをなして意見することなどないジュンピョに、正論を説く彼女に俺はなぜが笑顔になっていた。
「それじゃあ、そのご立派な“友情”とやらを見せてもらおうか?」
口角を上げてジュンピョが命令する。
「舐めろ」
「えっ?」
「おまえが代わりに舐めれば許してやる」
彼女がどう行動するか興味が沸いて、俺は目が離せなかった。

彼女は大きな溜め息を吐いてふんぞり返るジュンピョを睨み上げると、膝を曲げ屈み始めた。
―――所詮、こんなものか
俺がお決まりの結末を予想し目を逸らそうとした瞬間。
「ヤァー!」
奇声と共に彼女はジュンピョの顔めがけて持っていたアイスを突き付けた。
鼻の頭にたっぷりのアイスを付けて転んだジュンピョに、俺は思わず失笑し、ウビンとイジョンは呆気にとられた。
鼻に付いたアイスを拭いながら尻餅をついたままジュンピョが吠える。
「なにしやがるっ!」
彼女は悠然と一歩また一歩と歩み寄り、ジュンピョを見下ろして言い放った。
「あんたが稼いだお金じゃないくせに。なに?出しゃばりキャラですって?ハッ!七光りの勘違い野郎をとっちめるキャラよ!なんか文句ある?」
彼女はポケットの中を探り紙幣を取り出すとジュンピョに向かって1枚また1枚と投げつけた。
「うちは安いけどセレブ価格で払っとくわ。落ちなきゃ持ってきな!」
悠然と立ち去ろうとした彼女は何かを思いついたのか、唖然としたまま口もきけないジュンピョを振り返ると、『ジャンディ・クリーニング』と書かれたカードをジュンピョの額にペタリを貼りつて、もう一度ジュンピョを見下ろして立ち去って行く。

いつもなら何があろうと関心を引かれることもなく、全てが他人事でどうでもいいこの俺が、この時不思議と感情を揺さぶられ笑っていた。
ウビンとイジョンも笑っていたが、ジュンピョは怒り心頭で吠えまくっていた。


その日、俺達の溜り場でウビンとイジョンはいつものように女とたわむれていたが、ジュンピョはダーツを投げ続けながら苛ついていた。
イジョンの囁きにジュンピョの機嫌が直る。
「いつもどおりやればいいだろ?」


翌日、登校すると自分に集まる視線を感じてジャンディは振り返った。
異様な雰囲気を感じながらロッカーを開けると、後ろの女子生徒から声が上がる。
「2年B組 クム・ジャンディ、F4 赤札当選!!」
周囲の生徒たちから歓声が上がる。
「なに、あれ…サッカー場じゃあるまいし…」
ジャンディは呟きながら赤地に金色の髑髏とF4と書かれた札を引きはがし投げ捨てた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: