FC2ブログ

Live to tell 11


親友2人に変化があった頃、時を同じくしてジュンピョにも転機が訪れた。
ジュンピョの最愛の姉ク・ジュニの結婚。
その結婚は当然のようにジュニが望んだものではなく、母親が決めた閨閥結婚。
ホテル事業の拡大を狙った“鉄の女”カン・ヒスが米国最大のホテル王との繋がりを求めたもの。
その陰でジュニは愛する恋人と引き裂かれた。

ジュニに恋人がいたことを知ったジュンピョは、家の為に踏みにじられた姉を思い、自分の無力さに歯噛みしながらどうすることもできなかった。
尊敬する父とは会うことも話すこともままならず、姉の事を直訴することもできなかった。
母親の独走を止める術をジュンピョは持たなかった。
強い姉は涙を見せず、母の望みどおりアメリカに嫁いだ。

元来ジュンピョの我が儘さは「唯我独尊」と称されていた。
だがそれに加えて、この時を境に荒みささくれ立った気持ちはジュンピョを『猛獣』と称されるものに変えていた。
切れたジュンピョは正に人をも殺しかねない危うさを孕んでいた。
そんなジュンピョを辛うじて踏みとどまらせたのも、ジュニ・ヌナに他ならなかった。
「私は良いのよ、ジュンピョ。その代り、あなただけは私のような目には合わせない」
強い意思を秘めた目でジュニに言われ、ジュンピョはようやく静まった。
表向きだけは…

女遊びを始めたイジョンとウビン。
俺はあいつらが何をしようと好きにすればいいと思っていたし興味もなかった。
気が乗らなければ眠っていれば良かったから。

一度、イジョンとウビンが俺とジュンピョを無理やり誘い、女の子を揃えてお膳立てしたことがあった。
曰く『女の抱き方ぐらい覚えておけ』と。
ジュニ・ヌナ以外の女性を軽蔑していたジュンピョは「女なんかに触れたくもねェ」とさっさと帰ってしまった。
『唯我独尊』『猛獣』と言われながら、その言葉の裏に驚くほどの純情さを持っていることを、その時俺たちは気付いてしまった。
ソヒョンへの気持ちを抱えて鬱屈していた俺は、その時初めて女を抱いた。
イジョンとウビンがセッティングした後腐れの無い女。もちろん処女なんかじゃない。
けれどそんな女で満たされるはずもなく、以後イジョンとウビンのその手の誘いには乗らなくなった。
愛の無い身体の繋がり程度で様々な想いや悩みを紛らわせることが出来るとは到底思えず、虚しいことを続けるイジョンやウビンの気持ちが理解できなかった。
だがジュンピョも自らの運命にうんざりしながらも、二人のように気を紛らわす方法を見いだせず苛立ちを増していた。

何が事の発端になったのだったか?
たしか無謀にもジュンピョの態度を窘めた奴がいたんだった。
今にして思えばそいつの言っていたことは正論だった。
しかしあの頃のジュンピョは後継者と言う檻の中で身動きが取れず、苛立ちは頂点だった。

そして神話学園はジュンピョの祖父が創設した学園であり、経済的な面も含めて最有力者であったことが災いした。

「あの野郎、この俺様に向かって生意気な口ききやがって!」
ジュンピョにおもねようと纏わりついていた親衛隊の奴らが、ジュンピョの一言を聞いた。
そしてジュンピョの関心を引きたい一心でそいつらが提案した。
「ジュンピョさんに意見するなんてとんでもない奴ですよね。あいつを学園から追い出してやりましょうか?」
その時、ジュンピョの眉がピクリと動いた。
そして特に面白くもなさそうにジュンピョは答えた。
「好きにすりゃぁいいだろう?」

そうして学園内の壮絶ないじめが始まった。
最初のターゲットにされた男は1週間後に学園を去った。
大勢で1人の人間をいたぶるようなまねは気に入らなかったが、かといって標的になる人間を憐れむ気持ちもなく、ありていに言えば何の関心もなかったから、特に止めることもしなかった。
あんなくだらないことで気鬱を晴らすジュンピョも理解できなかった。
それでもジュンピョにとっては退屈凌ぎ程度にはなったのだろう。

すぐに飽きるだろうと思っていた集団いじめは、その後も続いた。
ジュンピョが決めた標的のロッカーに『赤札』を貼ることで。
『赤札』はF4の決定。
実際はジュンピョが決定していたのだが、そのことで俺たちは更に不可侵の人物となった。
俺は他人からなんと思われようと痛くも痒くもなかったし、それで他人が近寄らないなら願ったり叶ったりだった。

誰もが閉塞していたのかも知れない。
『赤札』は集団いじめから次第に集団リンチへとエスカレートしていった。
気が付けば、退学だけでなく大けがを負うものや自殺者まで出ていた。
そのすべてをジュンピョの家が金の力に物を言わせて闇に葬っていた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: