FC2ブログ

生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 60


式の前に優紀に会いたいというつくし達女性陣の希望で早目に会場に到着したF3は、“見飽きた顔だが仕方がないか…”と総二郎の控室へと向かう。
当然のことながら女性陣は優紀の控室へと向かった。

コンコン―――
控えめなノックの音に小さく帰った声に促されつくし達はドアを開けた。

「…つくし…滋さんに桜子さんも…」

「おめでとう、優紀!」
「おめでとうございます、優紀さん」
滋と桜子に続きつくしも祝いの言葉を告げるが、その声は感慨一入であった。

「…優紀…おめでとう…ほんとに良かった…」

堪えていた涙が流れる優紀に滋が明るい声を上げる。
「花嫁さんが泣いちゃダメじゃん。今日はおめでたい日なんだから」
「そうですよ、笑って下さい。せっかくのお化粧が崩れちゃいますよ」
そう言いながら桜子はハンカチで優紀の涙を押さえている。

「でも着物もいいねぇ。あたしも着物着れば良かったなぁ」
と滋が言えば、桜子が
「何言ってるんですか?あれだけ豪華なウェディングドレス着ておいて…」
「でもほんとに綺麗だよ、優紀。白無垢って“日本のお嫁さん”って感じでさ」

そう、優紀の衣装は白無垢に綿帽子という伝統的なもの。

「ということは、お色直しは角隠しですか?西門さんのところは“かかあ天下”で決まりですわね。フフフッ」
「ええっ?西門さんはどっちかというと“亭主関白”っぽいんじゃない?」
「あきらさんもそうですけど、F4は何だかんだと自分の思う通りに持って行く天賦の才能がおありですから、一見かかあ天下にみせかけてその実亭主関白と言う処ですわね」
「いやいや、司は完全に“俺様”だよー」
「滋さんは負けていらっしゃらないでしょう?」
「まあね、へへっ」
「類もああ見えて結構強引かも…」
「先輩は肝心なところで優柔不断なところがおありですから、花沢さんが少々強引なぐらいでちょうど宜しいのでは?ふふふっ」

そろそろお時間ですと係りのスタッフから声がかかり、「会場のモニターで見てるからねー」と優紀に告げ控室を後にした。

*

一方…

「野郎なんて見ても楽しくもなんともねぇんだがな…」
「まあまあ、司…総二郎、おめでとう。お前もとうとう年貢を納めるか?」
「ま、とにかくおめでと、総二郎」

総二郎の顏がヒクつく。

「おまえら…本当に祝う気があんのかよ…喧嘩売ってんのか?」

「あはは、でも総二郎良かったな。優紀ちゃんに愛想尽かされなくてさ」
「それに総二郎さすがだね…?」
「あんだよ…?類」
「羽織袴姿、似合ってるよ。七五三には見えない…」

「…!! さっさと会場へ行ってろ!」

屈託なく笑いながら3人は総二郎の控室を後にする。
3人の顏には心から喜びが溢れていた。

残された総二郎も笑顔だった。
自分を心配し思ってくれていた親友たちの気持ちが解りすぎる程解っていたから…



******
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

生きて行く意味  アゲハ60
司君・あきら君・類君に続いて西門さんの結婚式ですね。西門さんもやっと年貢をお覚めますね。F4のジュニア誕生が見れますかね。でも、このお話は類君とつくしちゃんなので此れからのお話も期待しできますね。つくしさんの教授が西門さんから一期一会の機会に出逢える事など楽しみが待ちどうしです。
期待してます。
  • 2018-05-01│05:11 |
  • みっちゃん URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: