FC2ブログ

生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 59

長らく更新が滞っておりまして申し訳ありません。
あまりに久しぶりなので、忘れられちゃってるかも…
ではどうぞ…

★★★★★

一方で類の心配は尽きることが無く、何とかつくしを休職させようと画策しては頓挫していた。さすがの策士類でもつくしを職場から引き離すことは」困難なようであった。
なにしろ職場が職場である。
「何かあってもすぐ診てもらえるし処置だってしてもらえる。家にいるより確実だよ」
そう言われてしまえば二の句が継げない。
結局、類の目論見は達せぬまま日々は続いている。

総二郎と優紀の婚約が発表され世間を賑わし、花沢家にも二人の結婚式の招待状が届いていた。

 新郎  西門 総二郎
 新婦  東久世 優紀

松岡家から一旦家元夫人の生家の分家である東久世家の養女となり、西門に嫁ぐ優紀を思い “優紀、大変そう”と呟くつくしに、“つくしの友達なんだから大丈夫なんじゃない?それに総二郎もついてるし…”と穏やかに告げる類だった。

そして6月吉日、総二郎と優紀の挙式・披露宴の日がやって来た。
梅雨入り前のあいにくの小雨模様の朝、“雨が降ってる…”と表情を曇らせるつくしに類が笑いかける。

「“幸せの降り込み”って言って、結婚式の雨は良い事なんだよ?」
「えっ、そうなの?良かったぁ」

類がこの日の為に用意してくれた、少しずつ目立ってきたお腹の膨らみを目立たせないゆったりとしたデザインのドレスを使用人に手伝ってもらいながら身に纏う。
この日ばかりはメイクもヘアスタイリングも使用人に任せる。

妊娠中と言う事もあり、靴はいつもより低めの7㎝ヒール。
支度の終わったつくしに最後の仕上げのアクセサリーを着けるのはいつも類の役目だ。

今日は淡いグリーンのグラデーションのドレスに合わせて、敢えてシックな翡翠のネックレスとお揃いのピアス。
それらを愛おしげにつくしに着けると手を差し出しその手をつくしが取る。

恒例の二人の一連の所作は流れるように自然で、周囲の使用人たちがまるで映画のワンシーンを見るかのように魅入っている。さすがに溜息をもらすほどプロ意識を忘れているわけではなかったが。

*

総二郎と優紀の結婚式は西門流次期家元ということもあり伝統的な神式で行われる。
挙式は親族のみが参列するが、その様子は披露宴会場の大型モニターで中継されることとなっていた。

続々と集まる招待客を会場の外でマスコミ陣が待ち構える。
政財界の要人もさることながら、彼らの最大の目当ては勿論“F3”。
彼らの姿を捉えることが出来れば、テレビ局は視聴率、出版社や新聞社は売上の急上昇間違いなしだからだ。

だがF3の方も自分たちの存在が友人の結婚に花を添えるものであることを充分解っていて、敢えて正面から堂々と姿をさらして会場入りした。



******
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

生きて行く意味 アゲハ  59
やっとNo58を掲載していただけたと思ったらなかなか次のお話が書いていあただけなくて寂しかったです。やっとNo59が掲載されていて嬉しくなりました。つくしが頑固でなかなか類の思うようにつくしが休職しないでイライラしてる様子が目に浮かびます。それでも結婚式に出席するつくしのドレスにアクセサリー選びにアクセサリーを付けてあげる優しい類。本当につくしを愛して愛おしさが羨ましいですね。
なるべく間をおかないで次回のお話が掲載されることを望んでいいます。
体調に気をつけて書いてください。

  • 2018-04-26│21:01 |
  • MIZUTA URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: