FC2ブログ

『激愛』

「…類の…人生をあたしのために捨てさせたくないの…」
「もう何度言えば解ってくれるの…?俺はつくし無しじゃ生きていけないって…」
類のビー玉の瞳に哀しみの陰りが射す。

今まで何度となく繰り返されてきた二人の会話…
類を思い身を引こうとするつくし…
つくしの為に花沢の家を捨てようとする類…

花沢の家が仕掛けたタイムリミットがもうすぐそこまで近づいていた。


━海辺の別荘━

「つくし、せめて今日一日、言い争うのは止めよう…
一日ぐらい二人穏やかに過ごそう…」
「うん…そうだね…これが、最後かもしれないし…」
「そんなことも今は言わないで…
愛してる、って言ってよ…
それとも…もう…俺の事、愛してないの…?」
「そんな事ない!類、愛してる。この世の中の誰よりも…」

類はつくしを抱きしめ、深くくちづけた。


夕食を済ませ、テラスに出ると海風が心地よい。
いつしか水平線上に上った月が静かな海面を照らす。

「少しワインでも飲まない?」
「うん、飲みたい」

二人で静かに夜の海を眺めながらワインを味わう。波の音だけが聞こえている。

もともとアルコールに弱いつくしだが、今日はなぜかまわりが早いようだった。
「あ…れ…、もう…酔っちゃった、か・な…、ん…」

すっと類が手からグラスを取りテーブルに置くと、つくしの身体を支える。
「る…い…、ご…めん…なさい…」
「いいんだよ、つくし。俺が、ごめん。でも苦しませないから…」
そう言うと類はつくしをそっと抱き締めた。

類はつくしを横抱きにすると、別荘を出て海岸へと向かって歩きはじめる。
つくしの意識はもはや無い。

月明かりの中、つくしを抱いたまま類は海へと歩みを進める。
寄せては返す波に身を任せるように…
何も恐れず、哀しい微笑みを湛えて…

「つくし、愛してる…ずっと離れない…」

やがて…類の頭は波間に消えていった…


Fin.


*****

えーっと、久々にふと頭に流れた長渕剛の懐かしの歌、頭で流れ出したらお話も…で、あーあ、やっちゃいました…ゴメンナサイ…

勢い任せの短編、と、許して下さい。
つい、曲に流されました〰

長渕剛 激愛







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
まーこ
Re: 嵌りました
*猫様
いつもご訪問いただきありがとうございます。
好き嫌いが別れそうなこの短編。
気に入って頂けて何よりです。
自分でも久々に見たら、張り付けた動画が見られなくなっているとこに気付きました。
急いで別の動画貼り付け直しちゃいました。
一時期この『激愛』に嵌まってたんですよね。
ここまでの覚悟の愛ってどんなだろう…?って…
つい、類つくにしてしまいました。😅

まーこ

2019/10/11 URL 編集返信

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/10 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
♪類・総優♪
 
 
♪あきつく メイン♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 

検索フォーム

QRコード

QR