FC2ブログ
  • 生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 52
    屋外の薪の置き場へと向かうと降りはじめた雪が強くなってきていた。「エアコンの方が面倒でなくていいのかも知れないが、私は火の温もりが好きでね」慧の言葉は類に聞かせると言うよりは独り言のようだった。薪をその腕に1本また1本と抱えていた慧の様子が突然変わった。「…うっ…」急に胸を押さえて呻いたと思うと抱えていた薪がその腕からバラバラと足元に落ちる。「父さん!!」普段聞いたことのない類の大声につくしと美緒、使... 続きを読む
  • 自分も描いてみたくなって描いてみた
    以前から描いてみたいと思いつつ、なかなか描けなかったのですが、ようやく手が少し動きました。本当に、ン十年ぶりに描いたので、線がぎこちない❗絵の具も色鉛筆(60色の)も片付け込んでて、出すのが面倒だし、取り敢えずモノクロで描いてみました。社会人になった少し大人びた類のイメージで…ン十年ぶりだと、なかなか思うように描けなくて…お目汚しでスミマセンm(。≧Д≦。)mゆる~い👁️(目)で見てやって下さいね。まーこ**********... 続きを読む
  • 蓮のつぼみ28
    クリスマスが近づいたある日、ジフ先輩に会ってキャンパスを歩いていると、朝から曇っていた灰色の空から、一片、また一片、雪が舞い始めた。振り始めた雪はそのまま静かに降り続ける。「先輩、降ってきちゃいましたね」「うん、せっかくの初雪だけど、このままだと濡れるからラウンジに行こうか?」…初雪…?これはデートになるのかな…?なーんて、何考えてるの、クム・ジャンディ!一人赤くなって慌てふためいているあたしを見て... 続きを読む
  • 蓮のつぼみ27
    ク・ジュンピョが有名な経済誌に載ったことで、国内で大きな話題になった。ずっと何も連絡がなかったけれど、本に載ったあいつの姿は元気そうで、昔よりも精悍な感じになっていた。活躍を喜ぶ気持ちの一方で何処か他人事のよう気持ちがあって、遠い話のような気がした。そして約束の4年目が目前に迫っていることを今更のように思い出した。その約束がずっと遙か昔のように思えて、あたしの中で遠く霞んでいる。あれはただの夢だっ... 続きを読む
  • 山田ミネコ パトロール・シリーズ
    「マダガスカルでペスト流行」のニュースを読んで思い出すのは「ハメルンの笛吹き」そして私の中では、「ハメルンの笛吹き」と言えば、山田ミネコのパトロール・シリーズ「笛吹伝説―パイド・パイパー」なのです。久しぶりに読みたくなりました。今はア○ゾ○でも入手困難そうで、「あ~っ、処分しないで保存してて良かったぁ~」と胸をなでおろしました。山田ミネコのパトロール・シリーズと最終戦争(ハルマゲドン)シリーズは昔っ... 続きを読む
  • 生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 51
    つくしが花沢の系列病院へ移ることを決心したことで、類の機嫌はすこぶる良かった。結局、3人とも年度末で今の病院を退職し、新年度から慧清病院へ移ることになった。患者の引き継ぎやら何やらで慌ただしい日々を過ごしていたつくしだが、患者の中には仁村のようにつくしについて慧清病院に転院したいと希望する者もいて、そう言った患者の転院の為のサマリー作成に追われた。たまには完全オフ日を作りたいと、ようやく久しぶりに... 続きを読む
  • 蓮のつぼみ26
    ボランティアの時にジャンディに色々と小言を言った先輩と言う男は、調べてみるとジャンディと同い年で4年生だった。予想通り外部入学で高等部からのもち上がりの人間ではなかった。高等部からの内部進学なら彼女と俺たちF4との関係は知っているはずだから、下手に彼女に手出しはしないが、この辺が外部入学生の面倒なところだ。結局、その後のボランティアではいつもそれとなく俺がジャンディの近くにいることで牽制していた。こ... 続きを読む
  • 【お気に入りの一曲】SS501のプリンス、ヨンセンのソロ曲
    いつも拙宅ブログをご訪問頂きありがとうございます。このところ、SS501のホ・ヨンセン(許永生)のソロ曲『Crying』がツボに入ってます。韓国語versionと日本語versionの両方がありますが、どちらも大好きです。実はこのMVでベンツにガルウィングがあることを初めて知りました。調べて見たら日本円で2500万円ぐらいらしいです。この歌もお話のネタにできないかな?などと考えている私です。韓国語Versionの歌詞の内容は大体以下の... 続きを読む
  • 生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 50
    結婚式と披露宴も終わり再び日常が戻ってきた。お互いに忙しい身である為、ハネムーンはしばらくお預けとなったが、それでも公にしたことでウザったい見合い話もなくなり、気分は上々の類だった。そしてかねてよりの計画を実行に移すことにした。勿論、表向きは類の意向だと言う事が分からないように…式と披露宴も終わり、出勤したつくしに朱音が話しかけてくる。「牧野先生、すっごい披露宴だったねー。顔触れにびっくりしちゃっ... 続きを読む
  • 蓮のつぼみ25
    バスは辺鄙な田舎の村落に到着した。前日から現場に先乗りして準備がされており、医師、医学生からなるボランティアは待ちかねていた村人の診療を開始する。俺たちはまだ医学生だから直接診療することはできないため、医師についてサポートや雑用をこなす。医師と学生のグループ分けがされていて、この日俺とジャンディは別のグループになってしまった。昼の休憩時間、ぼんやりと木陰のベンチに座り仰向いて目を閉じていた俺は、近... 続きを読む

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
♪類・総優♪
 
 
♪あきつく メイン♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 

検索フォーム

QRコード

QR