FC2ブログ

Live to tell 29


数時間遅れでシャルル・ド・ゴール空港に到着してすぐにパリ市内にあるソヒョンのアパルトマンに向かった。

ベルを鳴らしドアが開かれるのを待つ。
ドア向こうに人の気配を感じて一瞬の後、戸惑いがちに開かれたその奥に驚きに目を見開いたソヒョンの姿があった。

「…俺…来たよ…」

ソヒョンの顏が愛しさに歪んだと思ったのは俺のうぬぼれじゃないと信じたい。
小さく“ジフ”と呟いて俺を抱きしめてくれる。

部屋の中に招き入れられ、慎ましい暮らしぶりが窺える室内を見ていると、キッチンでお茶を淹れたソヒョンが戻ってきた。

「嬉しい驚きだわ…ジフが来てくれるなんて…」
「俺もここで一緒に暮らしてもいい?」
いままでの俺とは違う、率直な物言いにソヒョンは驚きながらもにっこりと笑って頷いた。
「もちろんよ」


実家の援助が無くても今までモデルとして収入を得ていたソヒョンのアパルトマンは、ささやかではあるがそれなりのものでゲストルームもあったから、俺の部屋は自然とそこになった。

パリに着いたその日の夜、俺は積年の想いを遂げることが出来た。
ソヒョンの初めてが俺でなくても構わなかった。
ソヒョンが暖かく俺を迎え入れてくれる、そのことが嬉しくてソヒョンに夢中になった。
今までの隙間を埋めるように、俺をソヒョンて包み込んで欲しくて…

こうして日ごと、夜ごとに俺は満たされていくんだろう…
そう信じていた…


国際弁護士を目ざすソヒョンはすでにモデルの仕事は止めていた。
昼間は大学で朝から晩までを過ごす。講義が無い時間は図書館だ。
帰宅して食事の支度、週に何度かの洗濯、掃除をソヒョンは自分で全てやっていた。
自分はもうお嬢様でもなんでもない、ただの一人の人間だ、とそう言って。

俺達の話題はともすればジャンディのことになった。
ジャンディがどれほど俺を心配していたか、俺が愛して止まない聖母のような笑みを浮かべて語る。まるで妹のようだと…
俺を後押ししてくれたジャンディ。
俺を心配してソヒョンに跪いたジャンディ。
パーティー会場でのドレス姿のジャンディ。

気付けば思い出すのはジャンディのことばかり…

「ジフだけじゃなくて、ジュンピョもジャンディに会って変わったみたいね…?彼女の事を気に入っているようだったし…?」
幼馴染みをいつも気にかけているソヒョンが発した言葉。
なぜか俺の胸が軋んだ気がしたのは気のせいか…?

毎日を夢に向かって生き生きと過ごすソヒョン。

だが、俺は一日、また一日と気持ちが塞いでくる。
たまたま裕福な家に生まれただけで、社会人どころかただの学生で何の力もない自分。
毎日アパルトマンの窓から空を眺めてソヒョンをただ待つだけの生活。

自分は何をしたくて…何のために来たんだろう…?
何もできず、ソヒョンの足手まといでしかない自分に嫌気がさす。

笑顔が亡くなった俺を心配するソヒョンの気遣いさえ疎ましかった。
自分がいかに子供だったか思い知らされる気がして…
そして…

俺はソヒョンが出かけている間にアパルトマンを後にした…
無性に祖国の“芝生(=ジャンディ)”が見たかった…



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Live to tell 28


ソヒョンを見送って幼馴染みたちとジャンディが歩いてくる。

「あいつ、とうとう来なかった」
ウビンの声にジュンピョが答える。
「言っただろ。本当に性格が悪いのは俺じゃなくてジフなんだ」
イジョンが訳知り顔で続ける。
「優しそうな男ほど怒らせると怖い」

―――言いたい放題だな…そろそろ顔を出すか…

「ひどい言い草だ」

一瞬驚いた奴らに笑顔が浮かぶ。

「ジフ」「おまえ…」「いつ?」
「3時間前から」
「はあっ?」
「何だよ。隠れてたのか?」

笑顔のウビンやイジョンの後ろにいたジャンディが俺を睨み上げながら詰め寄ってくる。
「先輩はその程度なの? 追いかけて下さい!」
怒っている彼女の目には涙が光っている。
「彼女を好きなら先輩の方から傍に行けばいいじゃないですか。柱に隠れて眺めてるだけですか? それで好きだなんて言えるんですか?」

君の気持ちが頑なな俺の心を動かしたんだ。
いつも自分の事より人の事を考えるジャンディ。
一途な彼女が微笑ましくて俺の頬が緩む。

俺はパスポートとチケットを鞄から彼女の目の前に出した。
「次の飛行機に乗るよ」

厳しかった彼女の顔が解れる。

「ユン・ジフ」
「こいつ、驚かせやがって」
「よく決心したな」

次々とかけられる親友たちの声。
俺はジャンディの肩を抱き寄せて言った。
「彼女のおかげさ」

今までで一番きれいなジフ先輩の笑顔。
ウビン先輩やイジョン先輩、そしてク・ジュンピョに肩を掴まれたり、小突かれたりしているジフ先輩。それでも3人が本当にジフ先輩を心配していたことが分かる。
そして本当にジフ先輩の決心を応援していることも。
良かった…これで良かったんだ…
あたしは寂しさを堪えて精一杯の笑顔を作った。

あたし達はもう一度出発ロビーへと向かった。ジフ先輩を見送る為に。

「ありがとう。君のおかげで気が付いたんだ。時には追いかける勇気も必要だってね。君と知り合えて良かったよ」

なぜそんな事をしたのか、自分でも分からない。
ただ、自然に身体が動いていた。
俺はジャンディの額にキスをしていた。

親友たちの驚く顔にそ知らぬふりをして「じゃあ」とだけ声を掛けて俺は背を向けた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

Live to tell 27


「ソヒョンさん」
立ち上がったジャンディがそう声を掛けたあと、ソヒョンの前に膝まづく。
「ジャンディさん、何をするの?」
戸惑うソヒョンにジャンディが泣きながら先を続ける。
「私はずっと…ソヒョンさんのファンでした。だからなぜ、あんな決心をしたのか理解できますけど…お願いです。行かないで下さい」
ソヒョンはため息を吐いてジャンディを諭すように言葉を発した。
「立って…」
だが、ジャンディは立とうとしない。
「お願いする資格も…聞いてもらう理由もありません…でも、言わなきゃ…」

空を仰いでソヒョンが訊く。
「ジフのため?」
「先輩のことを何も知りません。でも…先輩はソヒョンさんをとても大切に思っています。
ジフ先輩はどこか寂しそうだけど…笑う時があるんです」

知りもしないくせに、俺の気持ちをソヒョンに話すジャンディに苛立って俺はその場を離れた。

「…見ている人の心を溶かすほどに温かく…ソヒョンさんがいるからです。いなくなってしまったら先輩は笑わなくなるかも…」
ジャンディの言葉に心に込み上げるものをぐっとおさえソヒョンはジャンディを立たせ、話して聞かせた。

“一つの行動を決めることは外国での買い物と同じようなもの。その時買わなければもう買えない。どれ程後悔するか分かっている”
自分にとってジフは大切な人であり、それはジフも同じだと信じているからこそ、自分が後悔すればジフも喜ばないだろう、と。

ソヒョンの心の内を知り、自分の感情だけでソヒョンに話してしまった事を詫びるジャンディにソヒョンは“話してくれてありがとう”と語った。
そしてジャンディにこれを…と靴を差し出す。
「あなたをステキな所に運んでくれますように…」

恐縮するジャンディに自分からもお願いがあると言うソヒョン。
「ジフをまた笑顔にさせて」

*

西に日が傾く頃、建物から出てきたジャンディの姿を認めて俺は彼女の前に立った。
「何様だよ…一体何の真似だ。誰が頼んだ? おまえがしたのはおねだりだ。プライドも無しか?」
腹立ちまぎれに彼女に言葉を投げつけた。
「無いからじゃありません。先輩がとても辛そうだから…悲しくて死にそうな…」
何かがはじける。
「関係ないだろっ! …おまえには関係ない。失せろ…」

踵を返し走り去るジャンディ。
この時、俺の心に彼女の悲しみを湛えた黒い大きな目が残った。

その後、俺は宛もなく一晩中バイクを走らせていた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

とぎれた夜をつないで 後編


街路樹が色づき始め風が冷たさを帯びてきた頃、久しぶりに仕事から早く解放された俺は出先からの帰りの車中から見るともなしに外を眺めていた。

枯葉舞う歩道を小走りに走る黒髪の女性に目を奪われた。
見間違えるはずがない愛しい女性の姿に、急いで運転手に車を停めさせ飛び出した。

件の女性の姿は消えていた。
女性の向かっていた方向に視線を走らせると大きな公園の入り口が目に入る。
“北陸フェア開催中”と書かれた幟が揺れている。

俺は公園の中へと進んで行った。
大勢の人々が行きかい混雑する中人を避けながら進む。
俺には確信があった。ここに彼女はいる。

特産品をアピールするブースが立ち並ぶ中、『加賀野菜』とかかれたブース近くまで来たとき、
「松本さん。五郎島持ってきてくれる?」
「はーい。あっ、でももうあと一箱で終わりですよ」
「一箱あれば充分よ」

艶々とした黒髪を後ろで簡単に一つに束ねた『松本さん』と呼ばれたその人は、独楽鼠のように動き続けている。

彼女から目が離せないままそのブースに近寄る。
彼女に声を掛けた年配の女性はこの場に不似合いなスーツ姿の俺を唖然として見ていた。
突然の沈黙を不思議に思った彼女が
「どうしたんですか?坂井さん?あっ、いらっしゃいま…せ…」
蹲って作業をしていた彼女が低い位置で振り向いて俺の存在に気付き、発した声はその視線が上がると同時に小さくなっていった。

言葉を失った彼女の顔を窺いながら隣の女性が
「松本さん、お知り合いの方?」

「久しぶり…松本さん…?」
「お…お久しぶりです…」
「仕事が終わったらちょっと話…できないかな?」
「えっ、あの…」

年配の女性が躊躇する彼女の代わりに事もなげに答えた。
「知り合いに久しぶりに会ったんだからいいじゃない。どうせこの後は片づけて明日帰るだけなんだから。行ってらっしゃいよ」
そして俺に向かって
「このフェアは今日が最終日で4時までなんです。もうそろそろ店じまいして片づけるから5時前には終わりますからちょっと待ってあげて下さいな」

俺はその人に礼を述べ、公園にあるカフェで待っているからとその場を離れた。


5時近くになって牧野はいかにも気が進まないと言う表情で現れた。
俺は彼女の姿を認めるとすぐに立ち上り席を後にする。
彼女の腕を軽く掴み向きを変えさせるとカフェを出た。

「ちょ、ちょっと、花沢類。ここで話すんじゃないの?」
「落ち着いて話したいから…」
「えっ、ちょっと…」

そのまま迎えの車に彼女を乗せ、自分も乗り込む。
俺のマンションの前で運転手が車を停める。

「…ここは…?」
「俺のマンション。今、一人暮らししてるから…」

ほとんど口をきかなかった俺の様子に戸惑っている様子の彼女。

「一緒に来て。ちゃんと話を聞きたいから」

表情を強張らせながらもこくりと頷き俺に着き従う彼女。
専用エレベーターに乗り最上階に着くと真正面に見える玄関のロックを開錠して彼女を中へと促す。

おじゃましますと小さく呟くように口にして入る彼女の変わらなさが少し嬉しかった。

「元気だった?」

リビングのソファに向かい合って座り切り出した俺だったが、牧野が“松本さん”と呼ばれていたことが気になっていた。

「牧野?いや…“松本”だっけ?…結婚…したの…?」
「え…いや…う、ん…」
「…?どっち、なの…?」
「え…と…向こうでの偽名…なの…」
「偽名?」
「うん…」
「どういうこと…?話してよ…」


司に別れを告げた牧野は俺達F4から離れようと全財産を持って宛もなく電車に飛び乗ったのだと言った。
行きついたのは北陸の過疎地。訪れる人も稀なその土地で暮らす年配の住人達に歓迎され、落ち着き先を決めるまでの短期滞在だからと母親の旧姓を名乗っていたという。
だが行き先を探していると言う牧野に土地の人々はそこでの暮らしを勧めた。ちょうど農家が人手を欲しがっていたこともあり、詳しいことも聞かれずに働く場所を得ることが出来たという。そして人々も若い牧野が何か理由ありなのだろうと詮索せずに、空いた家を貸してくれたのだと。


道理で俺たちの捜索網に引っ掛からなかったわけだ。
人の良い住民たちのおかげで、牧野は住民票を移すことなく、偽名のままで暮らすことが出来ていたのだから。そしてささやかながらも日々の糧を手にできた牧野は預金にも全く手を付けずに暮らしていたのだから…

「帰っておいでよ、牧野」
「……」
「みんな待ってるよ。あんたの親友も三条も。あきらや総二郎だって。それに大学休学中でしょ?」

「……ぃ・は…?」
涙を一杯に溜めて蚊の鳴くような声で彼女が何かを聞いた。

「えっ、何?牧野」
「…花沢…類…は…?待って…くれてるの…?」

何を言い出すのかと思えば…
「当たり前じゃん…俺が誰よりも…一番、あんたを待ってる…」

途端に両目からポロポロと涙を零しながら泣きじゃくる牧野。
「あ、あたし…帰って…来て…いいの…かな…?」

「うん。帰っておいで、俺のところに」

堰を切ったように嗚咽しながら牧野が俺の胸にしがみつく。
「あ、会いた・かった…ヒクッ…花沢・類・に…会いた…かった…の…
もう…会えない、かと、思って、死ぬ、ほど…寂し、か、った…」

「牧野…一緒にいよう…今まで一緒に居られなかった時を繋いで…これから先もずっと…」


《醒めない夢に身体を埋め 寂しさが消えるように》



Fin.





******
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

とぎれた夜をつないで 前編


Heo Young Saeng(許永生)の『とぎれた夜をつないで』に乗せて…
久しぶりに「類つく」です。

*****

《閉じ込めている想いはまだ 君の名前を忘れてない》


「4年後迎えに来る」
そう宣言して司がNYに発って3年が経とうとしていた。

断る牧野を強引に押し切り司が英徳の学費を出して、牧野は今も英徳に通っている。
総二郎とは異なり、大学入学と同時にインターンを始めた俺とあきらは仕事の合間に大学に通う日々が続いていた。

二人を見守ることが俺の役割と自分自身に言い聞かせ、牧野の良き友人であろうと心にブレーキをかけ、仕事の無い日は高等部の非常階段で牧野と会っていた。
可能な限りバイトで遅くなる彼女を迎えに行って、勉強を教えると言う名目で時には俺の家で過ごすこともあった。

1年、2年と月日が経つにつれ司からの連絡はますます間遠になっていた。
寂しそうな牧野を時に励まし、時に黙って寄り添い、そうして積み重なる時間。
次第に牧野は寂しさを表に出さなくなった。

―――それは俺に心配かけまいと無理してるんじゃない…?

けれど俺の心配を余所に、彼女は本当に元気そうで…少し安心していた…

そして3年の月日が過ぎた頃…
俺はちょうどその時、仕事で1週間ほどフランスに行かされていた。
間の悪いことは重なるもので、あきらもこの時期仕事で中国に行っており、総二郎も茶会で忙しい時期だった。

まさか、そんな時に…

*

フランスから帰国する前夜、俺の携帯が鳴った。
ディスプレイに表示されたのは“司”―――
めずらしいな…そう思いながらも何か予感のようなものが一瞬よぎった…

「…はい…」
「…類か…?」
「うん、俺…どうかした?忙しい司から電話なんて珍しいね…?」
「…おまえに伝えておくべきかと思ってな…」
「何を?」
「……牧野と…別れた。頼みたくはねぇけど…頼むならやっぱりおまえしかいねぇことも解ってるんだ………あいつのこと…頼む…」
「…っ!どういうこと…?認めさせるために司は頑張ってたんでしょ?今になって…」
「あいつから言い出したんだよっ!!…もう…終わりにしようって…」
「司、まさかそれを本…」
「言ったよ!俺だって!俺が力つけて、誰にも何も言わせねぇようにするからって!だからもう少し待ってくれって!!…でも…あいつは…“気持ちがもう無い”って…」


司からの電話を切っても俺の頭はまだ混乱したままだった。

この1年ほどというものこちらから司に電話が通じる事はほとんどなかった。
それは俺たちも牧野も同じだった。
ようやく時間を作って牧野に掛けた司からの電話。
待ちかねたように電話に出た牧野が告げた言葉は司にとって残酷なものだった。

少しずつ頭の中に事態が染み透って、俺はようやく司の言葉を理解した。

夜が明けるのを待ちかねたようにホテルを飛び出し空港へ向かう。
“早く…少しでも早く…牧野の傍に行かなければ…”
その思いが俺を急き立てる。

自惚れかも知れない…けれど司の言葉は…牧野の気持ちが俺にあると思わせた…
他人の事ばかり考える牧野…きっと今頃グルグルと考えて落ち込んでいるかもしれない…
だから早く傍に行って言ってあげないと…
司も…あんたに幸せになってもらいたいと思ってるよ、あんたの笑顔を望んでるよ、って。


日本に帰りついて俺は牧野を探し回った。思いつくところを片っ端から…
なのに牧野はどこにもいない。

あきらはちょうど俺と同時期に海外、総二郎も茶会で忙しく牧野と会えていなかった。
三条も祖母の体調不良で牧野としばらく会えていないという。
牧野のバイト先を訊ねると牧野の親友も知らないうちにバイトを辞めていたという。

「私もつくしがどうしたのか、どこへ行ったのか教えてもらってないんです。お願いです、花沢さん、つくしの事が分かったら教えて頂けませんか?」
帰り際の牧野の親友のすがるような言葉。

離れて暮らす牧野の家族のところにも帰ってはいなかった。
大学には休学届が出されていて牧野は…姿を消した。


こんな事になるのなら、あの時どれだけ無理を言ってでも、我が儘だと言われても、フランスに行くんじゃなかった。
あきらや総二郎も協力してくれて牧野を探したけれど行方が解らなかった…


気付けば半年が過ぎようとしていた。





******
ランキングに参加しています。
皆様のポチッが励みになります。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: