FC2ブログ

Live to tell 60


美術館の窓際に置かれたテーブルに腰掛けて外を眺めていると、近づいてくるジャンディの姿が見えて、自分の顏が綻ぶのを感じる。

美術館の入り口まで来た彼女は『本日、休館』と書かれた看板を見て溜息を吐き、踵を返して立ち去ろうとしている。
そんな彼女に俺は中からドアを開け「こっちだよ」と声を掛けた。

不思議そうな表情の彼女を中に招き入れる。
『マティス展』はスアム文化財団所有の美術館で開催されていた。
休館日の今日ならジャンディにゆっくり見せてあげる事ができる…

熱心に館内を見て回る彼女に俺も付いて歩く。
彼女が俺に話しかける…質問する…彼女が俺を呼んで手招きする…
そんな何もかもが幸せで…かけがえのない時間に思える…

一通り見終えた俺達は館内のアートショップに居た。
…と、ジャンディがそこに並べられていた陶器のオブジェの中の蓮の花を手に取っていた。
物思いながら手にした蓮のつぼみにじっと見入るジャンディ。

「それ、気に入ったの?」
俺を振り向きニッコリと笑いながら「いいえ、これだけで良いわ」と絵葉書を見せた。

その手に持った絵葉書を見ながらしばらく考えていた彼女。
「もしかして知ってます…?」

ふとそう漏らすと、ジャンディは俺を真っ直ぐ見て続けた。
「なぜ蓮の花は泥の中で咲くのか…?」

一瞬、彼女の言葉の意味を捉えかねて「なに…?」と口にした俺に彼女は恥ずかしそうに笑いながら「何でもない」と言ってその場を離れていく。

彼女が見ていた陶器のオブジェ…蓮の葉と一輪のつぼみ…を見ている俺の頭に、この間訪れた寺の僧侶の言葉が甦った。

―――泥も浄化する蓮の花の相だ
   大切にしなさい
   君に家族を作ってくれるだろう―――


良く晴れた日差しの暖かさに誘われて、美術館前の庭園のベンチに2人腰を掛けていると、睡魔が俺を襲う。
そんな俺に飽くことも無く、彼女はずっと俺の傍に居たのだろう。
気が付けば彼女は俺を描いていた。

「無断でモデルにしてる」
「起きたんですか?」
穏やかな彼女の声に俺も笑いを込めた声で返す。
「リストを作っておくべきだったな」
「何のリスト?」
「君に返してもらう交通費にお茶代…演奏会のチケットとモデル料まで…結構な額だね?」

俺の冗談を受け止めた彼女は笑いながら少し考えて
「じゃあ…まずはモデル料を」

そう言って差し出されたのはゴッホの向日葵の絵葉書の裏に俺の寝顔を描いたスケッチ。
これを描くために彼女が真剣に俺を見ていてくれた事が嬉しくて顔が綻ぶ。

「良く描けてるから、逆にお礼をするよ」
彼女が描いてくれた自分の絵を懐に仕舞い込むと、彼女に内緒でアートショップで購入したものを差し出した。

訳が解らないと言う表情でジャンディが箱を取り出し開ける。
中身はジャンディが見ていた蓮の花のオブジェ…
俺は独り言のように話し始める。

「蓮の花は…泥の中に咲きながら世の中を浄化してくれる…」

「ステキなことをするのね…」
「…似てるよ…」

えっ?と言ったかと思うと急にパァッと表情を明るくして
「これだ!宿題解決!」

今度は俺が疑問を抱く。
「宿題…?」

その時、ジャンディがハラボジの言葉を思い出していることなど知りもしなかった。

「プレゼント有難く頂きます」満面の笑みで彼女が朗らかに言っていた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Live to tell 59


俺はジャンディを連れてお寺に向かった。
静に風が流れ込む本堂で二人並んで礼拝する。無心に…

本堂を出て祈願瓦を書く。
俺は『クム・ジャンディ 合格祈願』
ジャンディの手元を見ると
『ユン・ジフ いつまでも幸せを』

それから境内の手水所で聖水をひしゃくに汲んでジャンディに差し出した。
「飲むと願いが叶うよ」
そう言って自分も別のひしゃくで二人並んで飲んでいた。

僧侶がやって来たことに気付いたジャンディがひしゃくに水を汲んでその僧侶に差し出す。
水を口にした僧侶のお辞儀にジャンディが両手を合わせお辞儀を返しその場を後にした。
ジャンディの後を追おうとした俺の耳に僧侶の言葉が響いた。

「良い相をしている」

俺に話しかける僧侶の言葉に俺は振り向いた。
「泥も浄化する蓮の花の相のお嬢さんだ」
僧侶は俺の目を真っ直ぐ見て話を続けた。
「大事にしなさい。あなたに家族を作ってくれるだろう…」

それだけ言うと僧侶は静かに頭を下げ去って行く。
俺は思わずジャンディの後姿を見つめながら、僧侶の言葉の意味を考えていた。

望んでも望んでも…手に入らなかったもの…愛する人…家族…
それを…手にすることが出来るのだろうか…

頭に浮かんだ望みの儚さを思い、俺はその考えを頭から振り払った。
それでも…せめて彼女を見守り支えたい…その間だけは俺は彼女の傍に居られるだろう…

20181014163200d93.jpeg


*

さすがにこの時期の非常階段は昼寝には向かない。
空調が良くきいていてしかも静かな、昼寝には最適の場所…学園内の図書館。
その日も俺は図書館の誰も来ない片隅で昼寝をしていた。

ふと…顔の前に気配を感じる。
誰かが俺の顔の前で手を振って、声にならない息だけで『せんぱ~い』と呼ぶ。
う、ん…誰だ…俺を起こすのは…?

目を開けると俺の目の前にしゃがみ込んだジャンディが居た。

「新手の安眠妨害…?」
そんな俺の声に彼女は声を出さずニッコリと笑った。

場所をいつもの非常階段に移し、紙コップのコーヒーで手と身体を温めながらジャンディを見ていた。
彼女は熱心に見ている美術書、―マティス―。

「美術に関心があるの?」
「ああ…これですか?美術展のレポートなのに見逃しちゃって…どのみち高くて行けなかったし…本ですませようと思って」

「…いつまで?」
「えっ?」俺の言葉に驚くジャンディ。
「その宿題の提出日」

そして俺は彼女を美術館に誘った。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

Live to tell 58


「私…どこかに行きたいな…」

俺は自分に出来る事をした。彼女をバイクに乗せて走った。
川のほとりでバイクを降りて夕日を眺めながら彼女に話しかけた。

「前世はカワウソだな」
「私が?」
「似てるよ。真面目で、そそっかしくて、可愛くて…水の中が大好き」
話していてつい笑いが漏れる。彼女も笑いながら
「どうせなら人魚姫とかにしてほしいな…」
「それはダメ。愛に敗れて泡になるなんて…悲しすぎる…」

黙ってしまったジャンディ…と、彼女のお腹が小さく鳴って空腹を訴えた。
二人、つい笑ってしまう。

「お腹が空いた?」
「行きましょう。夕食は私がおごります」

笑顔になった彼女に俺も笑顔になった。

ジャンディのお勧めの食堂。
生まれて初めて入る“食堂”をさりげなく眺めていると入口が騒々しくなった。
煩いなと思いながら入口に視線を向けると入って来たのはジュンピョとその婚約者。

「ジュンピョ」
まさかここで合うとは思っていなかった俺はつい声を出していた。

ジャンディの姿を認めたジュンピョの婚約者は嬉しそうにジャンディに抱きついている。
一方のジュンピョは俺とジャンディが一緒の姿に不機嫌さを隠そうともしない。

微妙な空気のまま4人で食事をすることになり、その後の成り行きでジュンピョの婚約者に4人一緒にスパリゾートに一泊旅行に行くことになってしまった。

普段の俺ならそんな事は承諾しない。
でもジュンピョの婚約者に断れないジャンディが行くから…俺は彼女が心配で放っておくことなんかできなかった。

リゾートホテルで食事の後、姿が見えないジャンディを探していると、ジュンピョに抱きかかえられ運ばれる彼女を見つけた。ジュンピョの婚約者も同じタイミングで二人を見つけ、驚いてジャンディを心配する。
「ここからは俺が連れて行くから…」
そう告げる俺にジュンピョは黙って彼女を降ろした。

ジャンディを抱きかかえるようにして立たせ「行こう」と声をかけて歩き出して、ジャンディは一度だけジュンピョを黙って振り返った。

「つい…泳いじゃダメなのを忘れて…」
申し訳なさそうに溺れかけた理由を告げるジャンディ。
彼女を追い詰めないように冗談めか聞いてみる。
「俺に消防士と水上保安官もやれって?」
彼女がすくりと笑った。そして落し物を探しに行くと言う彼女を見送った。

大丈夫そうに見えていたのに、次に見た時彼女は震えて蹲っていた。
「幽霊でも見た?」
「いいえ、何も…何も見てないです。ほんとです。何も見てないです」
彼女の強い否定が何かを見たことを肯定していた。

けれど聞きだすことはしなかった。
震える彼女の手を繋ぎ「自分を責めるな」俺はそう言っていた。
ギターを弾いてやると眠ってしまった彼女を横たえて上着を着せ、俺は夜風に当たりに外に出た。
その俺の目に迎えの車に乗り込むジュンピョの姿が見えた。
今日一日怒鳴ることもしなかったジュンピョ。
車が走り去ってすぐ俺の携帯にメール着信を告げる音。

“先に帰る”ジュンピョからの一言だけのメッセージがあった。

翌朝、朝食のテーブルでジャンディに明るく声を掛けるジュンピョの婚約者。
「オンニも昨夜はよく眠れましたか…?」
気丈に訊ねるジャンディに彼女はあっけらかんと答える。
「全然よ。とても歴史的な二人の夜だったわ。ジュンピョは照れて先に帰ったわ」

彼女の嘘は明らかだった。俺は昨夜ジュンピョが早々に帰ったことを知っている。
だがジャンディはその事を知らない。
彼女の嘘を真実だと思いショックを受けたようだった。
だが俺もジュンピョの婚約者もそれに気付きながら知らないフリをした。
ここで真実を追求しても意味がない…誰もが傷つくだけだ…

「あなたたちも良い雰囲気だったわよね。私も先に失礼するわ。ゆっくり遊んできて」
そう言ってジュンピョの婚約者は帰って行った。

ジュンピョの婚約者の強がりは、なぜかジャンディと重なって見えた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

Live to tell 57


仕事が終わり掃除道具を片づけに行ったジャンディを待っていた。
けれどなかなか戻って来ない。
嫌な予感がしてポケットから電話を出してジャンディに掛けて見る。
かすかに聞こえる着信音…
その音を頼りに歩を進めた先に…ジャンディが倒れていた。

急いで彼女を背負い自宅に連れ帰り自分のベッドに寝かせる。
「過労と栄養失調だ。休めば治る」
彼女を診察した医者の言葉に「どうも」と頭を下げる。

医者を見送り彼女が眠るベッドに腰掛けて寝顔を見る。
少し熱が出て来たのか額に汗が光っている。
胸ポケットからハンカチを取り出しそっと額の汗を押さえた。

弱音を吐かず、一人頑張り続ける彼女が切なくて…愛おしかった…
外で出たままの手を布団の中に入れてあげようとそっと掴んで、荒れて傷ついた指に気付いた。

―あれはいつだったか…切れたヴァイオリンの弦で傷ついた俺の指にジャンディがハンカチを巻いてくれた事があった…

そんな事を思い出して…俺は無意識のうちに彼女の手に口づけていた…

2018100714571999c.jpeg


*

いつものように非常階段への扉を開けるとそこにはやっぱりジャンディが居て勉強をしていた。
「勉強は捗る?」
俺の声に彼女は自嘲気味に答える。
「これで医学部に受かったら奇跡よね?」
「“奇跡の少女”だろ?」
「えっ?」
「忘れた?“ワンダーガール”のクム・ジャンディ」
「医学部がダメでもハラボジの診療所で…」
あぁと照れくさそうに笑いながら続けたジャンディの言葉が詰まる。

この間の事があって、たぶん彼女はハラボジから話を聞いたのだろう。
しばらく黙っていた彼女は立ち上がると意を決したように口を開いた。

「ハラボジと仲直りしてもらえませんか…?」
「…ケンカじゃない…俺が捨てられたんだ…」
「それは違います」

それまで目を合わさず話していた俺は彼女を見た。
俺の視線に怯みながらも彼女は寂しそうに先を続ける。

「ハラボジはすごく苦しんでましたから…それに…」
「それに…?」
「…先輩に…すごく会いたがってます…」

思わず苦笑が漏れてしまった。そんな俺に不思議そうな表情を浮かべるジャンディ。

「なぜ君はいつも俺より何でも知ってるのかな…?彼女や…祖父についても…」
「…私は…ただ……」

申し訳なさそうな彼女の声につい振り返った俺の目に、ジュンピョと婚約者の姿が映った。
俺の様子に気付いたジャンディにも女の声が聞こえてきて気付いたようだった。
聞こえてくる二人のやりとりからこの先の展開が予想できてしまう。
目を逸らしたいだろうに、二人から視線を離せないジャンディにその光景を見せたくなくて、俺は咄嗟に彼女を引き寄せ胸の中に抱き込んでいた。彼女を傷つけたくなくて…俺の胸で守るように…

ジュンピョとあの女のキスシーンなんて見せたくなかった。

直接目にはしなかったとはいえ、彼女は察しているのだろう…そっと離すと彼女の目には涙があった。ぼんやりと寂しそうな彼女を一人にしておけなくて、けれど話しかける事も出来ずただ傍に居てじっと見守っていた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

Live to tell 56


ジュンピョ達と4人で学園内を歩いているとジャンディの姿が見えた。
あれ以来、彼女を避けるように知らぬ顔で通り過ぎるジュンピョに俺たちも何も言わず通り過ぎる。それでも俺だけは彼女が気になって振り返った。

ちょうど電話がかかって来て話している。
聞こえてきた端々から相手はジャンディの家族からで家で何かが起こったようだった。
そしてジャンディが慌てて自転車に乗りかえって行く姿を見送った。

*

あの日、診療所でハラボジの姿を見てしまってから、心が落ち着かない日々が続いていた。
スアム財団の所有するアートセンター、そのシアタールームで一人古いフィルムを見る。
画面には幼い俺とハラボジの姿。
はしゃぐ俺を背中に乗せにこやかに笑って俺に話しかけるハラボジの姿。それをオロオロと見守る大統領補佐官の姿が映し出されていた。

―ジフ、楽しいか?
―うん、ハラボジ。釣りに行こうよ。僕は大きなサメを釣るんだ。
―ハハハ、釣り?そうだね、ジフや、いつ行こうか?
―今すぐ!
―いいとも、行こう。

大統領と言う職務の中にあって忙しかったであろうハラボジが、俺の言う事はどんな我が儘でも笑って聞いてくれていた…
両親がいて、ハラボジがいて…今では取り戻すことの叶わない俺の幸せだった時間…

自分の今の気持ちを持て余して、やりきれない…

家に帰ろうとシアターを後にしエレベーターが1階への到着を告げる。
エレベーターを降りてふと目をやった先に窓を拭くジャンディの姿があった。

一心不乱に窓ガラスを拭いているジャンディの後ろにそっと近づき、後ろから覗き込んでみる。いつ…気付くだろう…?

外は陽も暮れて鏡のようになったガラスの所為でジャンディはすぐに俺に気付き、ガバッと音がしそうな勢いで振り返った。

「せ、先輩!な、なんで…?」

驚く彼女に俺は黙って後ろの掲示板を指し示す。

“スアム・アートセンター、コンサートホール”

何とも言えない彼女の“しまった…”と言うような表情には構わず俺は思った事を訊ねた。
「こんな時間に何してるの?」
「私は…えっと…その…ちょっと事情があって…」

バツが悪そうに笑顔を作りながらジャンディはクロスを持った手を上げる。

俺はアートセンターの大きなガラスを見渡し「これを全部…?」と口にしていた。
ジャンディは笑いながら「あと少しで全部終わりです」という。

腕時計を外しポケットに入れると掃除道具入れからクロスと洗剤を取り出し窓ガラスを拭き始めた俺にジャンディが不思議そうに聞いてくる。

「ちょっと…何をしてるんですか?」
「掃除は得意だって言っただろ?」

彼女が戸惑っているのは良く解った。
俺に何かを言おうとしていたが、どう言葉にしていいのか分からなかったんだろう。
結局彼女が口にした言葉は「…どうもありがとう…」

それだけ言うと彼女はまた一生懸命ガラスを拭き始めた。

なんでだろう…?彼女と一緒だとこんな事が嬉しい。
二人並んでガラスを拭きながら、俺はだんだんと楽しくなっていた。

窓ふきが終わり彼女が紙コップのコーヒーを持ってきてくれた。
「アルバイト代は出せないけれど、代わりにコーヒーとドライブでお礼します」
「ドライブ?」

彼女の言うドライブは乗って運転するフロア掃除用のカート。
最初にジャンディのレクチャーを受けた俺はカートに乗り、彼女の指示でフロア中を走り回った。
二人で笑っあって楽しんでいた。



*****
ランキングに参加しています。
皆様のポチが励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


関連記事

プロフィール

まーこ

Author:まーこ
花より男子《日本版:類つく、韓国版:ジフとジャンディ》や韓国ドラマの二次小説を書いています💕

最新記事

二次サイト リンク

♣二次サイト リンク集♣
(サイトマスター様50音順)
 
★日本版『花より男子』二次サイト★
 
♪全CPあり♪
 
 
 
♪類つく♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪類つく&総つく♪
 
 
★韓国版『花より男子』二次サイト★
 
♪ジフとジャンディ♪
 
 
 
 
 
 
 
★『シンイ-信義-』二次サイト★
 
 
★おまけ★
 
 
★別館ブログのバナー★

『蓮花の縁』

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数: